バファリンは生理痛を始めとした痛みを鎮めるために服用する薬です。

 

いくつか種類がありそれぞれに成分が異なりますが、スタンダードとなるのはバファリンAです。
その主要成分はアセチルサリチル酸いわゆるアスピリンと合成ヒドロタルサイトこちらはダイバッファーHTと呼ばれるものです。
アスピリンは古くから解熱鎮痛剤として用いられており、炎症を鎮めて熱を下げます。
また、アスピリンを摂取すると痛みと発熱の原因となるプロスタグラジンの働きを阻害するということがわかっています。
生理痛が激しい痛みを伴うのは、このプロスタグラジンが過剰に分泌されることが理由の一つで、それゆえに生理痛にはバファリンガ効果的だとされるのです。
一方でダイバッファーHTという成分は何に効果があるのかというと、それ自体が痛みにも効果がある成分ではありません。
バファリンの主成分であるアスピリンを服用した時、胃酸はアスピリンと同じ酸性であるため十分に溶けることが出来ません。
溶けないアスピリンが、もしも胃にくっついてしまうと粘膜そして胃を荒らすことになります。
そこでダイバッファーHTが薬に配合しておくと、アスピリンの溶解を促し、すみやかに吸収されるようになるのです。
これにより解熱鎮痛効果が高まり、胃が荒れることもないので飲んだ人に優しいのです。
その半分が「やさしさ」で出来ているというのは、このように飲む人のことを考えた成分であるからです。
もっとも、ダイバッファーHTの分量は半分ではなくおよそ4分の1なので、正確な言葉ではありません。
このように良いことばかりのように見えるバファリンですが、薬である以上副作用とは無縁ではいることはできません。
よく言われる副作用は眠気とめまいです。
副作用としては軽度なものですが、たとえば車の運転中にその症状が出てしまうと、重大な事故を引き起こしてしまいます。
服用する前に、時間帯やこれからの行動などをよく考える事が必要です。