生理痛は生理時に子宮からの出血の時に収縮される痛みです。

お腹とその周囲の腰や筋肉も同時に痛みを生じます。痛みの程度も個人差があり、軽度から日常生活が送れないほど寝込んでしまう人まで様々です。妊娠しない限り毎月起こりますからその度に生理痛に悩まされるのは辛いものです。身体を温めるというのも1つの方法ですが、生理痛がひどいようであれば、痛み止めに頼る方法もあります。ロキソニンという経口薬が生理痛に用いられます。生理時に放出される痛みの原因の物質を阻害します。ロキソニンは医療機関を受診して処方されるロキソニンとドラッグストアで購入できるロキソニンSとがあります。2つの違いは発売会社とパッケージの違いです。効能はほぼ変わりないです。ロキソニンの効能は頭痛、関節痛、肩や腰の痛み、解熱剤にも使用されています。薬を続けて飲みつづけると効きにくくなったり、依存症になったり、副作用が強いのではないかと、服用をためらう方もいらっしゃることでしょう。ロキソニンは生理痛に用いられる場合は痛みのある2〜3日程度なので、この日数では依存症は現われません。安心して服用していただいて大丈夫です。痛みを取り除くこと優先しましょう。ただし、痛みが起こる前に予防的に長期に服用するのは不向きです。痛みが持続するようであれば、医療機関へご相談してください。15歳未満の方は安全性が確率されていないので、使用しないでください。他の薬を使用されている方は、医師や薬剤師にご相談してください。薬の効能が強くでることがあります。通常の痛みどめの薬の効能は同じなのですが、胃への負担がかかり、重症であれば胃が荒れてしまい吐血することもある強い副作用がでます。効能も強いと副作用も強く現われるのです。ロキソニンの副作用は他の痛み止めに比べて胃の負担が軽く、眠くなることが少なくなっています。気分が悪い、かゆみや息が苦しくなる状態がおこる場合は直ぐに医療機関を受診してください。